30年間メンテンナンスフリー住宅って?

30年間メンテンナンスフリーになる外壁や屋根に使う建材があるってご存知ですか?

 

建売住宅の新築でも、ビックリするような金額の上乗せではなく採用できると思います。

 

雨漏り修理や外壁塗装など内外装営繕工事を生業としていますので10年から15年程度の期間での外壁の塗り替え工事は、煩わしいとのお話を良く聞きます。

 

工事の相談をいただくと良く言われるのが「住み替えを考えているから、あまりお金をかけたくないので10年もてば良い」とか、「費用をかけず簡単にパッパとやって見た目がキレイになれば良い」なんですが、そういうお客様に限ってお家のお手入れに無頓着で、どうにもならなくなってから相談されます。

 

無頓着なのに何故かお手入れが必要な仕様のお家を選ばれているのが不思議なんですよね。

 

 

新築を購入する時、定期的なメンテナンスにかかる費用は誰も教えてくれません。


 
実際に外壁塗装などのメンテナンス費用を住宅ローンを払いながら、別に貯めなければなりません。(リホームローンをご利用なら二重のお支払いになります。)
それを35年のローンなら期間中、2〜3回行う事になります。
行う作業内容や建物の規模で値段は変わりますが、30坪程度の2階建ての建売住宅で100〜200万程度の費用がかかります。
200万の工事を3回おこなえば600万円もの出費になってしまいます。
※上記の表に、屋根工事費が加算されたら大変な金額になります。

そこで、弊社では「30年間メンテナンスフリー住宅」と題して、屋根と外壁に耐用年数の長い建材を採用し、30年間外装のお手入れをしなくても良い建物をお客様に御提案しています。
30年も住めば、トイレやお風呂、キッチンだって古くなります。壁紙だって室内ドアだってガタがきます。外装も内装も営繕するなんて、お金がいくらあっても足りません。
なぜ最初から、メンテナンスの費用があまり発生しない建材を採用しないのか?(提案してくれないのか?)

不思議に思いますよね。

良いか悪いかは別としてメンテナンスをしなければならない仕様なら、建設会社は定期的なメンテナンスで工事費を稼げるのです。ここまで考えてないとは思いますが・・・
 
採用するしないは好みもありますから良いとして、メンテナンス費用がかからない建材があるという事を、建設会社は何故教えないのでしょう?
お金を払うのはお客様なのに選ぶ自由がないのは、どう考えてもおかしな話です。

 

弊社では、どのような工事でも結果的にお客様のお財布にやさしい工事内容を提案し、お客様本意で工事を発注していただいております。
 定期的なメンテナンス工事がわずらわしいと思う方は是非、「30年間メンテナンスフリー住宅」プランをご検討・御採用なさってください。
 新築だけでなく、外壁塗装を検討中の方も模様替え等の改修工事をすることでメンテナンスフリー住宅にできますので、工事費とランニングコストを比較検討してみてください。
 
 弊社は、防水・塗装の専門工事店として起業しましたが社名変更を機になんでもご要望にお応えできる総合建設業の会社に生まれ変わりました。
 どの工事も下請け任せではなく自社職人の責任施工で承っておりますのでお気軽に御相談ください。
 
雨漏り修繕や屋根・バルコニーの防水工事・外壁の塗り替えやサイディング張り替え等の模様替え・シーリング材の打ち替え・屋根材の葺き替えなどの営繕工事から新築・増改築まで自社施工で安心の責任施工。
お客様本意で丁寧な仕事を心掛けていますので是非ご用命ください。